平成2年よりシップアンドオーシャン財団より補助金をいただき高速船の船型開発の研究を行ってきました。

 

平成2年度
ハイブリッド双船尾型高速貨物船の研究開発
船体中央部を凹入させ、大きい船首バルブと双船尾を組み合わせたこの船型は従来船に対し、Fnが0.36程度で約28%の馬力低下に成功しました。
この船型はフェリー太古のほか計4隻の実用化に成功し予想通りの成績をおさめています。

 

平成3年度
高速内航一軸船の研究開発
平成2年度の研究を一軸船に応用したもので、Fn0.38程度で従来の一軸船と比べて約22%の馬力低下に成功しました。

平成6,7年度
準三胴高速貨物船の研究開発
本船型はハイブリッドマークⅡと名付けましたが水線部分は単胴船、水線下は三胴船という特殊な形状をしており、ハイブリッド船型と比べてFn≒40程度の速力域では約17%の馬力低下に成功しました。

 

平成9年度
船体中央部の特異点分布利用の高速一軸船の研究開発
平成6,7年度の研究を一軸船に応用したものです。
平成3年度の研究に比べて約11%の馬力低下に成功しました。