昭和63年8月 地元政財界の御努力で我が社は誕生した。
㈱臼杵鉄工所の設備を貸借して操業を開始、発足時の従業員数は協力会社を含め、244名でスタートした。
昭和63年12月 日本海運㈱殿より2000G/T自動車専用船を初受注。
昭和64年1月 大分県より建設業の許可取得。
平成3年3月 「ハイブリッド双船尾型高速船」の研究開発で画期的な成果。
平成2年より行ってきた「ハイブリッド双船尾型高速船」の研究開発を終えた。
全長70m程度のフェリーボートで20ノット(37km/h)の高速を出す為には、在来船型では1万馬力を要したが、この船型では6,600馬力ですむもので造船学会にも発表した。
平成4年9月 ㈱臼杵鉄工所より貸借中の工場設備等を買い受ける。
「ハイブリッド双船尾型高速船」の第1船目を完成させた。
野母商船殿向1,150G/T型旅客フェリー”太古”船長70m、主機関3,000馬力2機で、20.56ノットの速力を出した。
以後1,450G/T”しまんと”、700G/Tカーゴフェリー”関空エクスプレス”を平成6年3月及び7月に完成させ好評を得て、就航している。
平成5年3月 防衛庁より船舶製造業の資格”A級”を取得。
平成5年7月 臼杵土木事務所よりワーレントラス橋”新下の江橋を受注、平成7年2月に完成させた。
平成8年3月 「ハイブリッドマークⅡ型双船尾船」の研究が完了。
以前の「ハイブリッド船型」に比べ約17%の主機馬力低下で船長100m程度の船で25~26ノットの速力を出すことが可能となった。
平成8年9月 防衛庁より水船YW22を受注した。
平成10年5月 第1船台を拡張、5,999G/Tから8,400G/Tへ
船台の構造 : セミドック方式
船台の大きさ : 長さ130m 幅23m
平成10年9月 第1船台拡張後の第1船、430,000CFT.REEFER VESSEL
約8,200トン“HUMBOLDT REX”を進水させた。
平成11年3月 第1船台を再拡張、8,400G/Tから9,200G/Tとなる。
平成13年3月 最大積台数1800台の自動車運搬船“MALACCA HIGHWAY”完工。
平成13年11月 当社ケミカルタンカーとしては最大の19,500DWT型 第一船“FAIRCHEM MAVERICK”完工。
平成16年7月 150T型ジブクレーン設置。ブロックの大型化をすすめる。
平成17年3月 品質マネジメントシステム(ISO9001)の認証を取得。
平成16年より準備を行っていた品質マネジメントシステム(ISO9001)の認証を(財)日本海事協会より取得した。